正岡 子規   (1867-1902)

愛媛生まれ。俳人、歌人。父は松山藩士。帝国大学文科大学中退。明治25年(1892)日本新聞社に入社、「日本」紙上を中心に文学活動を行い、俳句、短歌の革新運動を進め写生論を提唱した。日清戦争従軍後に喀血し病床生活を送るなか、『俳諧大要』(1895~連載、1899刊)を著し、俳誌「ホトトギス」を指導。31年(1898)には「歌よみに与ふる書」を連載して短歌革新に着手し、根岸短歌会を主宰。著作に句集『寒山落木』(1924)、歌集『竹の里歌』(1904)などがある。門下に高浜虚子、伊藤左千夫らがいる。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「正岡子規

「青空文庫」より

正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。 名は常規(つねのり)。 幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人であった。 死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。 [経歴] 伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)に松山藩士正岡常尚と八重の間に長男として生まれた。 母は、藩の儒者大原観山の長女。 1872年(明治5年)、幼く...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マサオカ シキ
人物別名 正岡子規

Shiki, Masaoka

Masaoka Shiki

正岡, 常規

竹の里人

獺祭書屋主人

迂加連達磨
生年 1867年
没年 1902年
職業・経歴等 文学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
子規紀行文集 [正岡子規著] ; 復本一郎編 岩波書店
2019.12
四年間 正岡子規 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2017.3
仰臥漫録 正岡子規, 早坂暁 著 幻戯書房
2017.6
漱石と子規 : 松山・東京友情の足跡 : 新宿区立漱石山房記念館開館記念特別展 新宿未来創造財団, 新宿区立新宿歴史博物館編 新宿区立新宿歴史博物館
新宿未来創造財団
2017.9
和歌文学大系 久保田淳 監修 明治書院
2016.5
子規の夏休み 松山市立子規記念博物館 編 松山市立子規記念博物館
2016.8
獺祭書屋俳話・芭蕉雑談 正岡子規 著 岩波書店
2016.11
笑う子規 正岡子規 著 ; 天野祐吉 編 ; 南伸坊 絵 筑摩書房
2015.1
子規句集 [正岡子規] [著] ; 高浜虚子 選 岩波書店
2015.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想