正木 ひろし   (1896-1975)

正木 ひろし(まさき ひろし、 1896年(明治29年)9月29日 - 1975年(昭和50年)12月6日)は、日本の弁護士である。 [人物] 第二次世界大戦前より軍国主義批判を繰り広げ、戦時中には官憲による拷問を告発した首なし事件で有名となった。 戦後も多くの反権力裁判、冤罪裁判に関与した。 1953年に起こった八海事件の弁護を担当し、その事件についての著書『裁判官』はベストセラーとなり、『真昼の暗黒』という題名で映画化された。 なお本名は旲(ひろし)であるが、自ら「正木ひろし」「まさき・ひろし」の表記を好んで用いた。 [生涯] 1896年(明治28年)、東京府東京市本所区林町(現在の東...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マサキ ヒロシ
人物別名 正木ひろし

正木, 旲
生年 1896年
没年 1975年
職業・経歴等 弁護士

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
正木ひろし著作集 正木ひろし 著 ; 家永三郎, 佐伯千仞, 中野好夫, 森長英三郎 編 学術出版会
日本図書センター
2008.11
正木ひろし著作集 正木ひろし 著 ; 家永三郎, 佐伯千仞, 中野好夫, 森長英三郎 編 学術出版会
日本図書センター
2008.11
正木ひろし著作集 正木ひろし 著 ; 家永三郎, 佐伯千仞, 中野好夫, 森長英三郎 編 学術出版会
日本図書センター
2008.11
正木ひろし著作集 正木ひろし 著 ; 家永三郎, 佐伯千仞, 中野好夫, 森長英三郎 編 学術出版会
日本図書センター
2008.11
正木ひろし著作集 正木ひろし 著 ; 家永三郎, 佐伯千仞, 中野好夫, 森長英三郎 編 学術出版会
日本図書センター
2008.11
正木ひろし著作集 正木ひろし 著 ; 家永三郎, 佐伯千仞, 中野好夫, 森長英三郎 編 学術出版会
日本図書センター
2008.11
文献選集《愛国心》と教育 市川昭午, 貝塚茂樹 監修 日本図書センター
2007.4
正木ひろし : 事件・信念・自伝 正木ひろし 著 日本図書センター
1999.12
日本平和論大系 家永三郎 責任編集 日本図書センター
1994.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想