丸山 熊雄   (1907-1984)

丸山 熊雄(まるやま くまお、1907年6月2日 - 1984年1月4日)は日本のフランス文学者。 学習院大学名誉教授。 旧制福岡高等学校を経て東京帝国大学文学部仏蘭西文学科卒業後、フランスに留学。 留学中の友人に岡本太郎がおり、横光利一の通訳などもつとめている。 妻の山崎明子もパリ時代に一緒であった。 国民精神文化研究所の「思想対策に関する調査」の嘱託員も務めた。 帰国後、ヴォルテールの邦訳紹介を行うかたわら、白秋ゆかりのアルスから悪名高い『戦争文学論』を公刊。 これはホメーロスや『ロランの歌』、タッソーの『解放されたエルサレム』などといった戦争をテーマとする叙事詩の中に文学の本質を見ようと...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マルヤマ クマオ
人物別名 丸山熊雄

Maruyama, K
生年 1907年
没年 1984年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
一九三〇年代のパリと私 丸山熊雄 著 鎌倉書房
1986.12
一九三〇年代のパリと私 丸山熊雄著 ; 丸山明子編 [丸山明子]
1986.3
ルイ十四世の世紀 ヴォルテール 著 ; 丸山熊雄 訳 岩波書店
1983.5
ルイ十四世の世紀 ヴォルテール 著 ; 丸山熊雄 訳 岩波書店
1982.3
ルイ十四世の世紀 ヴォルテール 著 ; 丸山熊雄 訳 岩波書店
1974
ルイ十四世の世紀 ヴォルテール著 ; 丸山熊雄訳 岩波書店
1975.7
文豪の世界 丸山熊雄監修 タイムライフインターナショナル
1970
ロンドリ姉妹 モーパツサン 著 ; 丸山熊雄 訳 角川書店
1964
三銃士 デュマ [著] ; 丸山熊雄, 鈴木力衛訳 河出書房新社
1961.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想