丸山 幹治   (1880-1955)

丸山 幹治(まるやまかんじ、男性、明治13年(1880年)5月2日 - 昭和30年(1955年)8月16日) は、ジャーナリスト・政治評論家。 号・侃堂。 [略歴] 1880年:長野県埴科郡清野村(現長野市)の農家に生まれる。 1901年:東京専門学校(現・早稲田大学)邦語科行政科 その後『日本新聞』『京城日報』をへて大阪朝日新聞社入社。 1918年:白虹事件のため、長谷川如是閑らとともに退社。 1928年:大阪毎日新聞社入社。 1953年まで短評論「余録」を執筆。 [家族] 祖父・清蔵は松代藩士。 妻・セイは政教社社主・井上亀六(号・藁村)の異父妹。 芸能プロデューサーで音楽評論家の丸山...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マルヤマ カンジ
人物別名 丸山幹治

丸山, 侃堂
生年 1880年
没年 1955年
職業・経歴等 政治評論家
をも見よ 丸山, 侃堂(1880-1955)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
人間形成と社会 : 学校・地域・職業 木村元 編 クレス
2012.5
副島種臣伯 丸山幹治 著 みすず書房
2005.7
丁稚制度の研究 ; 京都市に於ける女中に関する調査 丸山侃堂, 今村南史共著 ; 京都市社会課編 久山社
1998.4
副島種臣伯 丸山幹治 著 みすず書房
1987.4
日本における自由のための闘い 吉野源三郎 編 評論社
1969
余録二十五年 丸山幹治 著 毎日新聞社
1954
硯滴・余録 丸山幹治 著 道統社
昭和17
事変下の日本 : ペンを剣にかへて 丸山侃堂 著 人文書院
昭13
副島種臣伯 丸山幹治 著 大日社
昭11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想