牧野 富太郎   (1862-1957)

高知生まれ。植物学者。家は酒造業。小学校を中退、独学で植物学を学ぶ。明治17年(1884)矢田部良吉に認められ、東京大学で指導を受ける。21年(1988)より『日本植物志図篇』を自費で刊行。26年(1893)帝国大学助手、大正元年(1912)東京帝大講師となる。昭和2年(1927)理学博士、25年(1950)日本学士院会員。死去後文化勲章を贈られた。多くの新種を発見・命名し、植物学の啓蒙にも努めた。『牧野日本植物図鑑』(1940初版)等、著作も多い。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「牧野富太郎

「青空文庫」より

牧野 富太郎(まきの とみたろう、1862年5月22日(文久2年4月24日) - 1957年(昭和32年)1月18日)は、日本の植物学者。 高知県高岡郡佐川町出身。 「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威である。 その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っている。 小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。 [生涯] 1862年(文久2年)、土佐国佐川村(現、高知県高岡郡佐川町)の、近隣から「佐川の岸屋」と呼ばれた商家(雑貨業)と酒造業を営む裕福な家に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マキノ トミタロウ
人物別名 牧野富太郎
生年 1862年
没年 1957年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新分類牧野日本植物図鑑 牧野富太郎 原著 ; 邑田仁, 米倉浩司 編集 北隆館
2017.6
牧野日本植物圖鑑 牧野富太郎 著 北隆館
2017.9
牧野富太郎 牧野富太郎 著 平凡社
2016.4
APG牧野植物図鑑 [牧野富太郎] [著] ; 邑田仁 監修 北隆館
2015.1
APG牧野植物図鑑 [牧野富太郎] [著] ; 邑田仁 監修 北隆館
2014.9
APG原色牧野植物大図鑑 [牧野富太郎] [著] ; 邑田仁, 米倉浩司 編 北隆館
2013.3
だから、科学っておもしろい!! = Science is Golden! 杉田玄白, 牧野富太郎, 森鷗外, 斎藤茂吉, 寺田寅彦, 中谷宇吉郎, 小酒井不木, 石原純, 南方熊楠 作 くもん
2013.11
APG原色牧野植物大図鑑 [牧野富太郎] [著] ; 邑田仁, 米倉浩司 編 北隆館
2012.4
花物語 : 続植物記 牧野富太郎 著 筑摩書房
2010.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想