牧村 史陽   (1898-)

牧村 史陽(まきむら しよう、本名は源三、1898年10月1日 - 1979年4月25日)は大阪の郷土史家、方言研究家。 大阪市生まれ。 生粋のなにわっ子で、稀代の大町人学者と呼ばれた。 [経歴] 1898年10月1日、大阪船場の木綿問屋の長男に生まれる。 大阪大倉商業学校卒業後、父の死を機に家業を別家に譲り、独力で郷土史関係の実地調査、記録作成に打ち込む。 1948年から雑誌「大阪弁(全7巻)」を編集。 1952年から郷土史研究グループ「佳陽会」を主宰。 大阪の歴史、地理、演劇などを実証的に調査し、新聞や雑誌などに発表した。 1978年大阪文化賞を受賞。 「郷土史は足で書け」が持論。 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マキムラ シヨウ
人物別名 牧村史陽
生年 1898年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社
2004.11
大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社
1984.10
大阪百景 : 丸山石根/牧村史陽作品集 丸山石根 画 ; 牧村史陽 文 大阪新聞社
1980.6
ガラシャ夫人 牧村史陽 著 佳陽会
1980.4
大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社
1979.7
郷土と史蹟 牧村史陽編著 ; 講談社出版研究所編 講談社
1975.11
大坂から大阪へ 牧村史陽 著 史陽選集刊行会
1972.2
丹波・北摂の木喰微笑仏 牧村史陽 著 史陽選集刊行会
1972.11
おさん・茂兵衛 牧村史陽 著 史陽選集刊行会
1972.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想