毎田 周一   (1906-1967)

毎田 周一(まいだ しゅういち、1906年〈明治39年〉9月22日 - 1967年〈昭和42年〉2月27日)は、日本の仏教思想家、詩人。 暁烏敏に師事し、西田幾太郎に学ぶ。 雑誌『真』、『大雪山』を主宰。 仏教の教えを日常の言葉で語り、多くの解説書や詩を残した。 没後「毎田周一全集」が纏められた。 [参考文献] 『講談社 日本人名大辞典』 ISBN9784062108492 石川県出身の人物 1906年生 1967年没

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マイダ シュウイチ
人物別名 毎田周一
生年 1906年
没年 1967年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
君気持ちを大きくもとう 毎田周一 著 ; 徳永文一 編 トランスビュー
長風舎
2012.11
無条件の救済 : 教行信証の研究 毎田周一 著 ; 毎田周一撰集明悠会 編 中山書房仏書林
1997.6
法華経義疏 毎田周一著 一周会
中山書房仏書林
1994.8
維摩経義疏・勝鬘経義疏 毎田周一著 一周会
中山書房仏書林
1993.8
十七条憲法 毎田周一著 一周会
中山書房仏書林
1992.8
歎異抄の研究 毎田周一著 一周会
中山書房仏書林
1991.2
救はれざるなし : 教行信証引文涅槃経解 毎田周一著 一周会
中山書房仏書林
1990.1
大雪山巻頭言集 毎田周一著 一周会
中山書房仏書林
1988.3
雑阿含無常経讃仰 毎田周一著 一周会
中山書房仏書林
1987.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想