松尾 匡   (1964-)

松尾 匡(まつお ただす、1964年(昭和39年)7月25日 - )は、日本の経済学者。 専門は理論経済学。 立命館大学経済学部教授。 博士(経済学)(神戸大学、1992年)。 石川県出身。 [人物] 置塩信雄の晩年の弟子であり、主流派経済学を理解したうえで、数理モデル分析やゲーム理論を駆使したマルクス経済学を展開できる、日本では数少ないマルクス経済学者の一人である。 主な研究テーマは、*マルクスの近代システム認識から見た現代資本主義と非営利・協同ネットワーク 経済理論の長期理論と短期理論の確定とその景気循環論を媒介とした総合 労働者間関係へのゲーム理論の応用 マルクスの制度分析へのゲ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツオ タダス
人物別名 松尾匡
生年 1964年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
教養のための経済学超ブックガイド88 : 経済の論点がこれ1冊でわかる 飯田泰之, 井上智洋, 松尾匡編 ; 奥山雅之 [ほか] 著 亜紀書房
2020.8
コロナ後の世界 : いま、この地点から考える 筑摩書房編集部編 ; 小野昌弘 [ほか著] 筑摩書房
2020.9
黒い匣 : 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命 : 元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層 ヤニス・バルファキス著 ; 朴勝俊 [ほか] 訳 明石書店
2019.4
「反緊縮!」宣言 松尾匡編 ; 池田香代子 [ほか] 著 亜紀書房
2019.6
左派・リベラル派が勝つための経済政策作戦会議 松尾匡, 「ひとびとの経済政策研究会」著 青燈社
2019.6
そろそろ左派は「経済」を語ろう : レフト3.0の政治経済学 ブレイディみかこ, 松尾匡, 北田暁大著 亜紀書房
2018.5
ポスト「アベノミクス」の経済学 金子勝, 松尾匡 著 ; 立命館大学社会システム研究所 編 かもがわ
2017.6
この経済政策が民主主義を救う 松尾匡 著 大月書店
2016.1
自由のジレンマを解く 松尾匡 著 PHP研究所
2016.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想