小松 美彦   (1955-)

小松 美彦(こまつ よしひこ、1955年 - )は、日本の生命倫理学者。 [人物] 古筆学者・小松茂美の子として東京都に生まれる。 1982年東京大学教養学部基礎科学科卒、1989年同大学院理学研究科科学史・科学基礎論専攻博士課程満期退学。 1994年玉川大学文学部助教授、2000年東京水産大学助教授、2002年教授、2003年合併により東京海洋大学教授。 2013年武蔵野大学教授。 個人の生命を個人のものとしない共同体主義的生命観にたち、脳死者の臓器移植に反対の立場をとる。 [著書] 『死は共鳴する 脳死・臓器移植の深みへ』勁草書房 1996 ISBN 4326153199 『黄昏の哲学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コマツ ヨシヒコ
人物別名 小松美彦
生年 1955年
没年 -
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東洋/西洋を越境する : 金森修科学論翻訳集 金森修著 ; 小松美彦, 坂野徹, 隠岐さや香編 ; 隠岐さや香 [ほか] 訳 読書人
2019.10
「いのち」はいかに語りうるか? : 生命科学・生命倫理における人文知の意義 日本学術協力財団編集 ; 香川知晶 [ほか執筆] 日本学術協力財団
2018.3
「いのち」はいかに語りうるか? : 生命科学・生命倫理における人文知の意義 日本学術協力財団編 日本学術協力財団
2018.3
村上陽一郎の科学論 柿原泰, 加藤茂生, 川田勝 編 新曜社
2016.12
生命倫理の源流 香川知晶, 小松美彦 編 岩波書店
2014.3
生を肯定する 小松美彦 著 ; 香川知晶, 市野川容孝, 荒川迪生, 金森修, 小泉義之, 片山容一 [述] 青土社
2013.8
生権力の歴史 : 脳死・尊厳死・人間の尊厳をめぐって 小松美彦 著 青土社
2012.11
メタバイオエシックスの構築へ : 生命倫理を問いなおす 小松美彦, 香川知晶 編著 NTT
2010.3
いのちの選択 : 今、考えたい脳死・臓器移植 小松美彦, 市野川容孝, 田中智彦 編 岩波書店
2010.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想