岡松 甕谷   (1820-1895)

岡松 甕谷(おかまつ おうこく(子孫は「ようこく」と呼び慣わす)、文政3年1月14日(1820年2月27日) - 明治28年(1895年)2月18日)は幕末、明治時代の漢学者。 名は辰。 字は君盈。 通称は辰五、後に伊助。 諡号は文靖先生。 号は故郷上徳丸村より大野川対岸の百堂村(大分市種具)山麓の谷に由来するという。 帆足万里に漢学を学び、熊本藩や明治政府の下で法制に携わり、晩年は東京大学や府下の中学で教鞭を取った。 漢文に巧みなだけでなく、洋学にも心得があり、オランダ語、英語を解した。 [生涯] 文政3年(1820年)1月14日、豊後国大分郡高田手永上徳丸村(大分県大分市丸亀)に、岡松数...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オカマツ オウコク
人物別名 岡松甕谷

岡松, 辰

岡松, 辰吾

岡松, 君盈
生年 1820年
没年 1895年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
譯常山紀談 湯浅常山 著 ; 岡松甕谷 訳 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想