足利 惇氏   (1901-1983)

足利 惇氏(あしかが あつうじ、1901年(明治34年)5月9日 - 1983年(昭和58年)11月2日)は、日本のインド・ペルシア学者。 関東公方系足利氏(江戸時代の大名・喜連川氏)の当主。 旧子爵。 父足利於菟丸、母ヒロ夫妻の長男。 前名「惇麿」。 妻は有馬頼寧次女・澄。 [来歴] 東京生まれ。 1919年(大正8年)、東京府立一中卒業、1927年(昭和2年)に、同志社大学文学部英文学科卒業。 学位は文学士(同志社大学)。 京都大学教授・文学部長、東海大学学長(1967年(昭和42年)4月 - 1974年(昭和49年)12月)などを歴任。 日本オリエント学会会長も務めた。 1959年(昭...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アシカガ アツウジ
人物別名 足利惇氏
生年 1901年
没年 1983年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
足利惇氏著作集 足利 惇氏【著】;伊藤 義教;井本 英一【編】 東海大学出版会
1988.2
足利惇氏著作集 足利 惇氏【著】;尚樹 啓太郎;渡瀬 信之【編】 東海大学出版会
1988.2
足利惇氏著作集 足利 惇氏【著】;岩本 裕;小林 信彦;渡瀬 信之【編】 東海大学出版会
1988.4
足利惇氏著作集 - 東海大学出版会
1988
古代文明の謎と発見 足利惇氏[ほか]著 毎日新聞社
1978.3
世界の歴史 足利惇氏著 講談社
1977.7
ペルシア宗教思想 足利惇氏 著 国書刊行会
1972
歴史における文明の諸相 尚樹啓太郎 編 東海大学出版会
1971
イランの歴史と言語 : 京都大学イラン・アフガニスタン・パキスタン学術調査報告 足利惇氏 ほか著 京都大学
1968
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想