前田 正名   (1850-1921)

前田 正名(まえだ まさな、嘉永3年3月12日(1850年4月23日) - 大正10年(1921年)8月11日)は、明治の官僚。 男爵。 北海道阿寒町(現在の釧路市阿寒町)に財団法人前田一歩園の基を設立し、阿寒湖畔3,859ha、富士朝霧高原300ha、宮崎200haを明治政府から払い下げを受け植林事業を行うほか保護を図るほかに、木材の原料を活かして釧路市に北海道最初の製紙パルプ工場を誘致設置するなど、自然保全と日本の殖産に貢献した。 父は薩摩藩医前田善安の6男。 兄に前田正穀(献吉)がいる。 明治期における殖産興業政策の実践者としてしられ、「布衣の農相」とも呼ばれた。 妻は大久保利通の姪・い...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マエダ マサナ
人物別名 前田正名
生年 1850年
没年 1921年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
所見 前田正名 著 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.3
所見 前田正名 著 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.3
所見 前田正名 著 上坂氏顕彰会史料出版部
2002.3
薩摩辞書 高橋新吉, 前田献吉, 前田正名 著 ; 宮澤眞一 解説 高城書房
1997.4
和訳英辞書 [高橋新吉, 前田献吉, 前田正名編] 高城書房
1997.4
支那朝鮮ニ対スル日本の國是, 第壱 事業者ノ政府に立ツベカラザル所以 ; 齋藤實文書 [前田正名著] 私製
-
再版所見 前田正名著 鶴久明徳
[1985]
所見 ; 前田正名君演述筆記 ; 前田正名君性行一斑 ; 前田正名君口演国家累卵実業叢話 ; 前田正名君実業ニ関スル談話筆記 ; 全国周遊日記 ; 米国ニ於ケル前田正名君 ; 鉄鞋之響前田正名君 ; 前田正名自叙伝 ; 直接貿易意見一斑 前田正名著 ; 石川県鹿島郡役所編 ; 金井捨三郎編 ; 沢田虎吉編 ; 桑山成吉編 ; 西川太次郎著 ; 実業団体中央本部編 ; 岡崎儀八郎編 ; 前田三介編 日本経済評論社
1979.9
明治大正農政経済名著集 近藤康男 編 農山漁村文化協会
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想