桑田 秀延   (1895-1975)

桑田 秀延(くわた ひでのぶ、1895年2月28日 - 1975年4月16日)は、日本基督教団の神学者、牧師。 [生涯] 香川県に生まれる。 1911年に高松教会で洗礼を受ける。 アメリカに渡り、オーバン大学、ハーバード大学に留学する。 帰国後に明治学院教授、日本神学校教授、東京神学大学学長、フェリス女学院院長などを歴任して、80歳で死去した。 カール・バルトの著作を翻訳するなど日本のバルト主義者(新正統主義)として知られる。 桑田は、宮城遥拝、国民儀礼などの天皇に対する崇敬、神社参拝は、キリスト教信仰と矛盾しないと主張した。 「我々キリスト者は天父に対する信仰と矛盾なく、日本の神に対し得、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クワタ ヒデノブ
人物別名 桑田秀延
生年 1895年
没年 1975年
職業・経歴等 牧師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
桑田秀延全集 桑田秀延著 キリスト新聞社
1976
桑田秀延全集 桑田秀延著 キリスト新聞社
1976
賀川豊彦記念講座 明治学院大学キリスト教研究所 編 キリスト新聞社
1976.12
桑田秀延全集 桑田秀延著 キリスト新聞社
1975
桑田秀延全集 桑田秀延著 キリスト新聞社
1975
桑田秀延全集 - キリスト新聞社
1975
桑田秀延全集 桑田秀延著 キリスト新聞社
1975
神学とともに五十年 桑田秀延著 キリスト新聞社
1974.12
教会論入門 : 信徒のための 桑田秀延著 東京神学大学出版委員会
1974.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想