柴田 承桂   (1850-1910)

柴田 承桂(しばた しょうけい、嘉永3年5月12日 (旧暦)(1850年6月21日)-明治43年(1910年)8月2日)は、明治の化学者、薬学者。 柴田桂太・雄次の父。 [略歴] 漢方医である永坂周二の次男として名古屋に生まれる。 兄に漢詩人・書家永坂石埭(ながさか せきたい)がある。 尾張藩医柴田承慶の養子となり柴田家を継ぐが、承桂は医師を志さず、化学者、薬学者の道を選ぶ。 明治2年(1869年)、尾張藩に選ばれて大学東校貢進生となった。 2年後、文部省の命令でドイツに留学し、ベルリン大学のホフマン(August Wilhelm von Hofmann)の下で有機化学を学び、ついでミュンヘ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シバタ ショウケイ
人物別名 柴田承桂
生年 1850年
没年 1910年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
物理学 飯盛挺造 纂著 ; 丹波敬三, 柴田承桂 校 丸善書店
大正5-6
物理学 飯盛挺造 纂著 ; 丹波敬三, 柴田承桂 校 丸善書店
大正5-6
物理学 飯盛挺造 纂著 ; 丹波敬三, 柴田承桂 校 丸善書店
大正5-6
有機化学 丹波敬三 著 丸善書店
大正5
有機化学 丹波敬三 著 丸善書店
大正5
定性分析法 : 完 山田董編纂 丸善
1915.6
物理学 飯盛挺造 纂著 ; 丹波敬三, 柴田承桂 校 丸善書店

明治41-大正3
物理学 飯盛挺造 纂著 ; 丹波敬三, 柴田承桂 校 丸善書店
大正2-3
物理学 飯盛挺造 纂著 ; 丹波敬三, 柴田承桂 校 丸善書店

明治41-大正3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想