王 夫之   (1619-1692)

王夫之(おうふうし、万暦47年(1619年)-康熙31年(1692年))は、明末から清初にかけての思想家・儒学者。 字は而農。 号は薑齋・一瓢道人・船山先生。 [経歴] 湖南省衡陽県出身。 14歳で生員となり、崇禎15年(1642年)、『春秋』の成績優秀により武昌の郷試に兄とともに及第する。 ところが、翌年の会試は途中の農民反乱のために北京に辿りつくことができず、そのまま崇禎17年(1644年)の李自成による明の滅亡を迎えた。 その後、清軍が南進するや、永暦2年/順治5年(1648年)、反清挙兵を計画するが失敗して敗走、南明の永暦帝の下で明朝再興活動に身を投じる。 ところが、権力者のに睨まれ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オウ フシ
人物別名 王夫之

王, 船山

而農

薑斎
生年 1619年
没年 1692年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
王船山詩文集 王船山 [著] ; 高田淳 編訳 平凡社
2006.11
王船山詩文集 高田淳 編訳 平凡社
1981.1
読通鑑論 王船山 著 ; 公田連太郎 訳註 日本図書センター
1979.3
讀通鑑論 [王夫之著] 東洋文化協会
1958
宋朝史論 王船山 著 ; 松井等, 前川三郎 訳 平凡社
昭和6
支那近世政治思潮 黄宗羲 等著 ; 松井等 訳 平凡社
昭和6
讀通鑑論 [王夫之著 ; 公田連太郎譯并註] ; 國民文庫刊行會編輯 国民文庫刊行会
1931-1932
支那近世政治思潮 松井等 訳編 興亡史論刊行会
1919
宋朝史論 王船山 著 ; 松井等, 前川三郎 共訳 興亡史論刊行会
1918
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想