草間 時彦   (1920-2003)

草間 時彦(くさま ときひこ、1920年(大正9年)5月1日 - 2003年(平成15年)5月26日)は、俳人。 東京生まれ、鎌倉育ち。 祖父は新聞記者などとして活躍した草間時福、父は鎌倉市長を務めた草間時光。 結核のため学業を断念、旧制武蔵高等学校中退。 水原秋桜子、石田波郷に師事。 「馬酔木」「鶴」を経て、1976年より無所属。 「鶴」在籍中の1954年、第2回鶴賞受賞。 1999年、句集『盆点前』により第14回詩歌文学館賞、2002年、句集『瀧の音』により第37回蛇笏賞受賞。 1978年から1993年まで俳人協会理事長を務め、俳句文学館の建設に尽力した。 日本三大俳諧道場として知られる鴫...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クサマ トキヒコ
人物別名 草間時彦
生年 1920年
没年 2003年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
証言・昭和の俳句 黒田杏子聞き手・編 ; 桂信子[ほか著] コールサック社
2021.8
俳句歳時記 桂信子, 金子兜太, 草間時彦, 廣瀬直人, 古沢太穂 監修 雄山閣
2016.6
おぼえておきたい季節のことば〈春・夏〉 草間時彦 著 角川グループパブリッシング
角川学芸
2013.2
おぼえておきたい季節のことば〈秋・冬・新年〉 草間時彦 著 角川グループパブリッシング
角川学芸
2012.10
俳句歳時記 桂信子, 金子兜太, 草間時彦, 廣瀬直人, 古沢太穂 監修 雄山閣
2012.6
新版・俳句歳時記 「新版・俳句歳時記」編纂委員会 編 ; 桂信子, 金子兜太, 草間時彦, 廣瀬直人, 古沢太穂 監修 雄山閣
2009.2
草間時彦集 草間時彦 著 ; 草間文彦 編 俳人協会
2007.5
桐の花 三好虔十 著 ; 草間時彦 選・評 三好健二
2004.7
池畔 : 草間時彦句集 草間時彦 著 ふらんす堂
2003.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想