浅沼 稲次郎   (1898-1960)

Wikipedia「浅沼稲次郎

「青空文庫」より

浅沼 稲次郎(あさぬま いねじろう、旧字体:淺沼 稻次郞、1898年(明治31年)12月27日 - 1960年(昭和35年)10月12日)は、東京府三宅村(現在の東京都三宅村)出身の日本の政治家。 日本社会党書記長、委員長を歴任。 巨体と大きな声で全国を精力的に遊説する姿から、「演説百姓」「人間機関車」の異名を取り、また「ヌマさん」の愛称で親しまれた。 しかし1960年10月12日に日比谷公会堂で開催された3党首立会演説会で演説中に17歳の右翼少年に刺殺されるという非業の死を遂げた。 [来歴・人物] 三宅村神着地区の名主の庶子として生まれる。 父が東京府南葛飾郡砂村(現東京都江東区)で酪農業...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アサヌマ イネジロウ
人物別名 浅沼稲次郎
生年 1898年
没年 1960年
職業・経歴等 衆議院議員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
浅沼稲次郎 : 私の履歴書ほか 浅沼稲次郎 著 日本図書センター
1998.8
故松岡駒吉君党葬追悼録 浅沼稲次郎編 日本社会党
1958.9
故山川均氏党葬追悼録 浅沼稲次郎編 日本社会党
1958.4
日中提携への道 浅沼稲次郎著 商工財務研究会
1957.5
故三輪寿壮君党葬追悼録 浅沼稲次郎編 日本社会党
1956.12
わが言論斗争録 : 日本の完全独立と平和のために 浅沼稲次郎 著 社会思潮社
1953
民主々義擁護吉田内閣打倒演説集 浅沼稲次郎[ほか著] ; 日本社会党選挙対策委員会編 日本社会党
1953.3
最新雄弁法必携 日本雄弁研究会 編 対洋書房
1952
独立の完成と政治の一新の為に 浅沼稻次郎, 三宅正一[述] ; 日本社會党出版部編 日本社会党
1952.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想