黒木 勇吉   (1896-1992)

黒木勇吉(くろぎ ゆうきち、1896年 - 1992年1月28日?)は、日本の新聞記者、文筆家。 宮崎県美々津(現日向市)に生まれる。 1916年宮崎中学校卒業。 22年早稲田大学専門部政治経済科卒業。 報知新聞に入社、統一部長、論説委員。 「日向社」を創立、月刊郷友誌『日向』を発行、誌名は『新みやざき』『広場』と改めたが50年間主宰。 39年軍事報道のため大陸に渡る。 42年報知・読売両新聞社合併により読売新聞記者、論説委員。 1951年読売新聞を退社、帰郷し筆名を晩石と称し著述に専念した。 [著書] 『新聞十字街』武蔵野書院 1926 『小村寿太郎』図書研究社 1941 のち講談社 『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クロキ ユウキチ
人物別名 黒木勇吉
生年 1896年
没年 1992年
職業・経歴等 ジャーナリスト

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
乃木希典 黒木勇吉著 講談社
1978.8
秋月左都夫 黒木勇吉 編著 講談社
1972
教科書「改訂新日本史」について家永教授への公開状 : 「近代社会の発展」に九ツの疑義 黒木勇吉著 新みやざき新聞社
1971.1
小村寿太郎 黒木勇吉 著 講談社
1968
小村寿太郎 黒木勇吉 著 図書研究社
1942
スエズとパナマ 黒木勇吉 著 図書研究社
昭和17
米国東亜侵寇史 黒木勇吉 著 霞ヶ関書房
昭和16
米国東亜侵寇史 黒木勇吉 著 霞ケ関書房
1941
小村寿太郎 黒木勇吉 著 図書研究社
昭和16
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想