黒岩 一郎   (1913-1995)

黒岩 一郎(くろいわ いちろう、1913年8月14日 - 1995年6月)は、日本の国文学者、保守思想家。 姫路市生まれ。 東京帝国大学国文科卒。 大陸に出征。 帰国後姫路高等学校(旧制)教授、戦後合併により神戸大学助教授、教授。 1962年、「香川景樹の研究」で東大文学博士。 1977年、定年退官。 棠舟の号をもつ、反共思想家。 [著書] 濁水抄 東亜書院 1938 野戦風呂 成武堂 1942 勤皇志士詩歌集 至文堂 1943 (青少年日本文学) 藤原定家と家隆 長谷川書房 1952 近世短歌 有信堂 1954 (有信堂文庫) 香川景樹の研究 文教書院 1957 或る自...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クロイワ イチロウ
人物別名 黒岩一郎
生年 1913年
没年 1995年
職業・経歴等 文学研究者
をも見よ 黒岩, 棠舟(1913-)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新講二宮尊徳夜話 黒岩一郎 著 明徳出版社
1994.6
富と幸を呼ぶ報徳哲学入門 : 二宮尊徳の人と思想 黒岩一郎著 善本社
1978
中華民国と台湾 黒岩一郎 著 日本民主同志会
1971
新講鳩翁道話 柴田鳩翁 著 ; 黒岩一郎 [註釈]著 明徳出版社
1968
新講報徳記 富田高慶 著 ; 黒岩一郎 註 明徳出版社
1967
新講二宮尊徳夜話 黒岩一郎 著 明徳出版社
1966
親鸞と現代 黒岩一郎 著 錦正社
1964
定本日本の心 黒岩一郎 著 錦正社
1963
日本の心 黒岩一郎 著 日本文化連合会
1962
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想