黒田 俊雄   (1926-1993)

黒田 俊雄(くろだ としお、 1926年1月21日 - 1993年1月26日)は、日本の歴史学者。 専門は日本中世史。 文学博士。 『黒田俊雄著作集』全8巻(法藏館)がある。 富山県生まれ。 1948年、京都大学文学部史学科卒業。 1955年より神戸大学教育学部専任講師。 1961年、大阪大学文学部助教授。 1975年より同大教授に就任。 1989年、大谷大学教授に就任。 また1981年から3期学術会議会員を務める。 娘の黒田景子は南タイ・マレーシア史を専門とする歴史学者。 [権門体制論] 権門体制論は、黒田が提唱した中世国家論であり、中世の社会史・政治史・制度史研究の上で最も重要な議論の一...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クロダ トシオ
人物別名 黒田俊雄
生年 1926年
没年 1993年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
寺院法 黒田俊雄 編 集英社
2015.5
蒙古襲来 黒田俊雄 著 中央公論新社
2004.12
王法と仏法 : 中世史の構図 黒田俊雄 著 法蔵館
2001.12
寺内町の研究 峰岸純夫, 脇田修 監修 ; 大澤研一, 仁木宏 編 法蔵館
1998.10
黒田俊雄著作集 井ケ田良治 ほか編 法蔵館
1995.2
黒田俊雄著作集 井ケ田良治 ほか編 法蔵館
1995.4
黒田俊雄著作集 井ケ田良治 ほか編 法蔵館
1995.9
黒田俊雄著作集 井ケ田良治 ほか編 法蔵館
1995.10
黒田俊雄著作集 井ケ田良治 ほか編 法蔵館
1995.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想