栗栖 継   (1910-2009)

栗栖 継(くりす けい、男性、1910年7月18日 - 2009年4月18日)は、翻訳家、チェコ文学者、共産主義者、エスペランティスト、日本エスペラント学会顧問、世界エスペラント協会名誉会員。 息子の栗栖茜は医師・翻訳家・エッセイスト。 1910年7月18日、和歌山県に生まれる。 本名は継之進(つぐのしん)。 父が自殺したため母子家庭で育つ。 家が貧しく、中学校の修学旅行に行くことができず、学校に残って自習したことがある(1927年)。 その自習中、英語の教師からエスペラントの存在を初めて知った。 大阪外国語学校フランス語部(後の大阪外国語大学フランス語学科を中退する。 1930年、肺結核を患...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クリス ケイ
人物別名 栗栖継

栗栖, 継之進
生年 1910年
没年 2009年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
プラハ冗談党レポート : 法の枠内における穏健なる進歩の党の政治的・社会的歴史 ヤロスラフ・ハシェク 著 ; 栗栖継 訳 トランスビュー
2012.6
アコンカグア山頂の嵐 チボル・セケリ 著 ; 栗栖継, 栗栖茜 訳 海山社
2008.9
アコンカグア山頂の嵐 チボル・セケリ 著 ; 栗栖継, 栗栖茜 訳 筑摩書房
1999.7
山椒魚戦争 カレル・チャペック 著 ; 栗栖継 訳 早川書房
1998.11
ひとつのポケットから出た話 カレル・チャペック 著 ; 栗栖継 訳 晶文社
1997.8
兵士シュヴェイクの冒険 ハシェク 作 ; 栗栖継 訳 岩波書店
1996.6
兵士シュヴェイクの冒険 ハシェク 作 ; 栗栖継 訳 岩波書店
1996.6
兵士シュヴェイクの冒険 ハシェク 作 ; 栗栖継 訳 岩波書店
1996.6
兵士シュヴェイクの冒険 ハシェク 作 ; 栗栖継 訳 岩波書店
1996.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想