長野 宇平治   (1867-1937)

長野 宇平治(ながの うへいじ、慶応3年9月1日(1867年9月28日) - 昭和12年(1937年)12月14日)は、日本の建築家。 日本建築士会初代会長。 辰野金吾の弟子として知られ、数々の銀行建築を残した。 越後国高田(現:新潟県上越市)生まれ。 [概要] 初期には和洋折衷意匠の奈良県庁舎等を設計し評価を得た。 明治30年(1897年)日本銀行技師となり、辰野金吾工事顧問の指導下で、大阪・京都・小樽各支店等の明治期支店建築9件の設計監理に従事した。 明治42年(1909年)日本初のコンペとなる台湾総督府庁舎設計競技に当選した後、大正元年日銀を辞し台湾総督府嘱託を一時務めるとともに、大正...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガノ ウヘイジ
人物別名 長野宇平治
生年 1867年
没年 1937年
職業・経歴等 建築家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
最新実地旋盤工作法 - テンセン社
1940.1
建築士及其職責 ジー・ガデー 著 ; 長野宇平治 訳 建築世界社
昭和4
工学博士長野宇平治作品集 建築世界社 編 建築世界社
昭和3
英和建築語彙 建築學會 編纂 ; 曽禰達藏, 中村達太郎, 長野宇平治, 大澤三之助, 關野貞, 三橋四郎 共編 丸善
1919.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想