松永 美穂   (1958-)

松永 美穂(まつなが みほ、1958年 - )は、日本のドイツ文学者、翻訳家、早稲田大学文学学術院文化構想学部教授。 専攻はドイツ語圏の現代文学。 愛知県生まれ。 1982年東京大学文学部ドイツ文学科卒業。 同大学大学院修士課程修了。 1987年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。 ドイツ学術交流会奨学生としてハンブルク大学に留学。 東京大学工学部国際交流室助手。 1988年フェリス女学院大学国際交流学部専任講師、1993年同大学助教授、1998年早稲田大学第一文学部助教授、1999年同大学教授。 2000年、翻訳したベルンハルト・シュリンク『朗読者』がベストセラーになり、第...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツナガ ミホ
人物別名 松永美穂

まつなが, みほ
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
才女の運命 : 男たちの名声の陰で インゲ・シュテファン著 ; 松永美穂訳 フィルムアート社
2020.3
みずうみ ; 三色すみれ ; 人形使いのポーレ シュトルム著 ; 松永美穂訳 光文社
2020.5
オルガ ベルンハルト・シュリンク著 ; 松永美穂訳 新潮社
2020.4
言葉の色彩と魔法 ラフィク・シャミ著 ; ロート・レープ絵 ; 松永美穂訳 西村書店
2019.5
シュピリ『アルプスの少女ハイジ』 松永美穂著 ; 日本放送協会, NHK出版編集 NHK
2019.6
サムライ・イメージの光と影 : 国際日本学の観点から : 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業・第2グループ「ポストコロニアル時代の人文学、その再構築21世紀の展開に向けて」サムライ・イメージ・グループ成果集 谷口眞子, デュスッド・オディール, 松永美穂編 谷口眞子
2019.1
たいこたたきの少年 バーナデット・ワッツ文と絵 ; 松永美穂訳 西村書店
2018.12
キツネとねがいごと カトリーン・シェーラー 作 ; 松永美穂 訳 西村書店東京出版編集部
2017.5
儀式 セース・ノーテボーム 著 ; 松永美穂 訳 論創社
2017.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想