松谷 明彦   (1945-)

松谷 明彦(まつたに あきひこ、1945年 - )は、日本の経済学者、官僚。 専門はマクロ経済学、財政学。 1969年東京大学経済学部経済学科卒、70年同学部経営学科卒、大蔵省入省、主計局調査課長、主計局主計官、横浜税関長、大臣官房審議官等を歴任、97年大蔵省辞職、同年政策研究大学院大学教授、2011年同名誉教授。 2004年博士(工学)(東京大学)取得。 [著書] 『人口減少時代の大都市経済 - 価値転換への選択』(東洋経済新報社、2010年) 『人口流動の地方再生学』(編著、日本経済新聞出版社、2009年) 『2020年の日本人 - 人口減少時代をどう生きる』(日本経済新聞出版社、200...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツタニ アキヒコ
人物別名 松谷明彦

Matsutani, Akihiko

Akihiko Matsutani
生年 1945年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
東京劣化 松谷明彦 著 PHP研究所
2015.3
人口減少時代の大都市経済 : 価値転換への選択 松谷明彦 著 東洋経済新報社
2010.11
人口流動の地方再生学 松谷明彦 編著 日本経済新聞出版社
2009.6
「人口減少経済」の新しい公式 : 「縮む世界」の発想とシステム 松谷明彦 著 日本経済新聞出版社
2009.11
2020年の日本人 : 人口減少時代をどう生きる 松谷明彦 著 日本経済新聞出版社
2007.6
人口減少社会における社会・経済政策の立案援助手法の研究 研究代表者藤正巌 エーアンドエス
2007.3
「人口減少経済」の新しい公式 : 「縮む世界」の発想とシステム 松谷明彦 著 日本経済新聞社
2004.5
人口減少下の地域設計 : 豊かな地域社会への道のり 松谷明彦 述 えひめ地域政策研究センター
2004
人口減少社会の設計 : 幸福な未来への経済学 松谷明彦, 藤正巖 著 中央公論新社
2002.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想