陸 羯南   (1857-1907)

青森生まれ。父は弘前藩士。東奥義塾、宮城師範学校に学ぶ。明治9年(1876)上京して司法省法学校本科へ入学するが、12年(1879)4月退学処分を受けた。16年(1883)太政官文書局に勤務し、18年(1885)内閣制創設とともに内閣官報局編輯課長となる。21年(1888)条約改正と欧化政策に反対して辞職。東京電報を発刊し、翌年日本と改題。39年(1906)病のために譲渡するまで社主・主筆を務め、国民主義を主張した

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「陸羯南

「青空文庫」より

陸 羯南(くが かつなん、安政4年丁巳10月14日(1857年11月30日) - 明治40年(1907年)9月2日)は、日本の国民主義の政治評論家。 日本新聞社長。 正岡子規を育てた。 幼名は巳之太郎、のち実、号が羯南。 [生涯] 弘前藩の御茶坊主頭・中田謙斎と妻・なほ(旧姓、種市)の子として、陸奥国弘前(現・弘前市)在府町に生まれた。 長男・次男の両説がある。 謙斎は微禄だった。 明治4年(1871年)頃から、藩校の教官・工藤他山の私塾・思斉堂に学び、明治6年(1873年)、旧藩校の後身・東奥義塾へ進み、明治7年(1874年)に宮城師範学校に転じたが、明治9年(1876年)に校長・松林義規...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クガ カツナン
人物別名 陸羯南

陸, 実

巳之太郎

中田, 実
生年 1857年
没年 1907年
職業・経歴等 ジャーナリスト

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
陸羯南全集 陸羯南著 ; 西田長寿, 植手通有編 NetLibrary
2010
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
陸羯南全集 陸羯南 [著] ; 西田長壽, 植手通有 編 みすず書房
2007.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想