服部 雄一   (1949-)

服部 雄一(はっとりゆういち、1949年- )は日本のセラピストで、多重人格の研究者。 狭山心理研究所主宰。 福岡県生まれ。 [人物] 元東京理科大学非常勤講師。 独協大学中退後、ロサンゼルスへの語学留学を経て8年間の通訳業。 その後カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校で6年間学び、心理学修士課程終了。 1992年に狭山心理研究所を設立。 2005年、引きこもりについては日本で初めて英字論文で症例を発表。 日本人の親子関係の絆の弱さがひきこもりの原因であると指摘、さらに官僚文化と庶民文化を区別し、本音を言えない社会の構造的欠陥に迫る。 解離性同一性障害の研究者だが、同じく解離性同一性障害の研...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハットリ ユウイチ
人物別名 服部雄一
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 心理学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
仮面ひきこもり : あなたのまわりにもいる「第2のひきこもり」 服部雄一 著 Kadokawa
2014.2
ひきこもりと家族トラウマ 服部雄一 著 日本放送出版協会
2005.8
多重人格者の真実 服部雄一 著 講談社
1998.4
たくさんの私からひとりの私へ サラ・E.オルソン 著 ; 服部雄一 監修 ; 東眞理子 訳 翔泳社
1998.11
オシリス・コンプレックス : 多重人格患者達のカルテ コリン・A.ロス 著 ; 服部雄一 訳 PHP研究所
1996.6
多重人格 : 知られざる心の病の真実 服部雄一 著 PHP研究所
1995.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想