久保 天随   (1875-1934)

久保 天随(くぼ てんずい、1875年(明治8年)7月 - 1934年(昭和9年)6月2日)は日本の中国文学者。 本名は久保得二、別号は兜城。 台北帝国大学教授などを務め、漢詩の詩作も行なった。 息子は物理学者の久保亮五。 [略歴] 1875年7月、高遠藩士だった父・譲次の息子として東京市下谷区(現・東京都台東区)徒歩町で生まれる。 旧藩主・内藤頼直の命によって天随は母方の久保氏を継ぐこととなった。 18歳頃から漢詩を作り、1899年に東京帝国大学漢文科を卒業した。 卒業後は「帝国文学」などに評論、随筆などを投稿した。 また、漢籍の評釈や漢詩の訳注も行なっている。 長くこのような生活が続いた...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ クボ テンズイ
人物別名 久保天随
生年 1875年
没年 1934年
職業・経歴等 文学研究者
をも見よ 久保, 得二(1875-1934)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「孫子」叢書 湯浅邦弘 監修 大空社
2013.6
鹽井雨江・武島羽衣・大町桂月・久保天随・笹川臨風・樋口龍峽集 久松潛一編 筑摩書房
2013.1.25
「菜根譚」叢書 湯浅邦弘 監修 大空社
2012.10
大支那大系 久保天隨 ほか著 大空社
2003.9
漢語辞彙 [久保得二編] 大空社
1996.10
韓退之全詩集 久保天随 訳註 日本図書センター
1978.8
高青邱全詩集 久保天随 訳註 日本図書センター
1978.8
蘇東坡全詩集 岩垂憲徳 ほか訳註 日本図書センター
1978.9
李白全詩集 久保天随 訳註 日本図書センター
1978.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想