小山 昇   (1917-)

小山 昇(こやま のぼる、1917年8月1日 - )は、日本の法学者。 北海道大学名誉教授及び北海学園大学名誉教授。 法学博士(東京大学、1962年)(学位論文「訴訟物論」)。 専門は、民事訴訟法を含む民事系手続法全般。 兼子一の弟子。 北京生まれ。 [略歴] 1938年3月 - 第一高等学校文科甲類卒業 1942年9月 - 東京帝国大学法学部卒業 [略歴] 1942年10月 - 東京帝国大学法学部助手(民事訴訟法講座) 1947年6月 - 北海道帝国大学法文学部講師(民事訴訟法講座) 1947年9月 - 北海道帝国大学法文学部助教授(民事訴訟法講座) 1953年5月 - 北海道大学法経学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コヤマ ノボル
人物別名 小山昇
生年 1917年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民事訴訟法 小山昇 著 青林書院
2001.10
民事第一審訴訟手続法入門 小山昇 著 青林書院
1998.5
小山昇著作集 小山昇 著 信山社
1998.10
法の発生 : 法性決定にみられる 小山昇著 信山社
1998.10
小山貞知と満洲国 小山貞知 著 ; 小山昇 編 信山社
1996.7
小山貞知と満洲国 小山貞知 著 ; 小山昇 編 信山社
1996.7
小山貞知と満洲国 小山貞知 著 ; 小山昇 編 信山社
1996.7
裁判と法 小山昇 著 信山社
1995.8
小山昇著作集 小山 昇【著】 信山社
1994.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想