幸徳 秋水   (1871-1911)

Wikipedia「幸徳秋水

「青空文庫」より

幸徳 秋水(こうとく しゅうすい、1871年11月5日(明治4年9月23日) - 1911年(明治44年)1月24日)は、明治時代のジャーナリスト、思想家、社会主義者、無政府主義者である。 本名は、幸徳傳次郎(こうとく でんじろう)。 秋水の名は、師事していた中江兆民から与えられたもの。 大逆事件(幸徳事件)で処刑された12名の1人。 [経歴] 高知県幡多郡中村町(現在の高知県四万十市)に生まれる。 幸徳家は、酒造業と薬種業を営む町の有力者で、元々は「幸徳井(かでい)」という姓で、陰陽道をよくする陰陽師の家であった。 尚、妻師岡千代子の父は幕末の尊王攘夷運動で活躍し、足利三代木像梟首事件の首...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コウトク シュウスイ
人物別名 幸徳秋水

幸徳, 伝次郎
生年 1871年
没年 1911年
職業・経歴等 政治運動家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
幸徳秋水・幸徳千代子・幸徳駒太郎・北一輝書簡 南丹市立文化博物館編 南丹市立文化博物館
2019.3
長広舌 幸徳秋水 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2016.1
二十世紀の怪物帝国主義 幸徳秋水 著 ; 山田博雄 訳 光文社
2015.5
平民主義 幸徳秋水 [著] ; 神崎清 訳 中央公論新社
2014.11
現代語訳幸徳秋水の基督抹殺論 幸徳秋水 著 ; 佐藤雅彦 現代語訳 鹿砦社
2012.12
ちくま哲学の森 鶴見俊輔, 安野光雅, 森毅, 井上ひさし, 池内紀 編 筑摩書房
2011.12
帝国主義 : 現代語訳 幸徳秋水 著 ; 遠藤利國 訳・解説 未知谷
2010.5
共産党宣言 カール・マルクス, フリードリヒ・エンゲルス 共著 ; 幸徳秋水, 堺利彦 共訳 アルファベータ
2008.11
帝国主義 幸徳秋水 著 ; 山泉進 校注 岩波書店
2004.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想