小竹 由美子   (1954-)

小竹 由美子(こたけ ゆみこ、1954年 - )は日本の翻訳家。 [経歴] 東京都出身。 早稲田大学法学部卒業。 主婦のかたわら、偕成社の『みそっかすなんていわせない』(ジャクリーン・ウィルソン作/ニック・シャラット絵)で翻訳家デビュー。 以後ジャクリーン・ウィルソン作品の大半を翻訳するほか、2013年にノーベル文学賞を受賞したアリス・マンロー作品の翻訳も手がけている。 現在は、児童書のみならず、ヤングアダルト、一般書の分野など、幅広い分野で活躍している。 香川県在住。 [主要訳書] 『なにもかも話してあげる』 ドロシー・アリスン著、晶文社、1997年。 『ホワイト・ティース』(上下) ゼ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コタケ ユミコ
人物別名 小竹由美子

こたけ, ゆみこ
生年 1954年
没年 -
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
地中のディナー ネイサン・イングランダー著 ; 小竹由美子訳 東京創元社
2021.4
ホワイト・ティース ゼイディー・スミス著 ; 小竹由美子訳 中央公論新社
2021.6
ホワイト・ティース ゼイディー・スミス著 ; 小竹由美子訳 中央公論新社
2021.6
ハムネット マギー・オファーレル著 ; 小竹由美子訳 新潮社
2021.11
サブリナとコリーナ カリ・ファハルド=アンスタイン著 ; 小竹由美子訳 新潮社
2020.8
ケミストリー ウェイク・ワン著 ; 小竹由美子訳 新潮社
2019.9
バイバイわたしのおうち ジャクリーン・ウィルソン 作 ; ニック・シャラット 絵 ; 小竹由美子 訳 童話館
2018.2
神秘大通り ジョン・アーヴィング 著 ; 小竹由美子 訳 新潮社
2017.7
神秘大通り ジョン・アーヴィング 著 ; 小竹由美子 訳 新潮社
2017.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想