永田 恭介   (1953-)

永田 恭介(ながた きょうすけ、Kyosuke NAGATA、男性、1953年10月14日 - )は日本の科学者。 薬学博士(東京大学、1981年)。 専門は分子生物学。 筑波大学医学医療系教授、筑波大学学長(第9代)。 [人物] 専門は分子生物学、ウイルス学、構造生物化学で、研究テーマは、ウイルスと真核細胞のゲノム/クロマチンの複製と転写の分子機構、ウイルスの増殖と病原性発現の分子機構、細胞周期制御と細胞がん化の分子機構。 2009年には横浜市立大学との共同研究でインフルエンザウイルスの増殖に必要な酵素(RNAポリメラーゼ)の構造を解明し、に発表した。 2013年4月より、筑波大学学長(第...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガタ キョウスケ
人物別名 永田恭介

Nagata, Kyosuke

K. Nagata
生年 1953年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
もっと知りたい!「科学の芽」の世界 永田恭介 監修 ; 「科学の芽」賞実行委員会 編 丸善出版
筑波大学出版会
2016.7
ウイルス Dorothy H.Crawford 著 ; 永田恭介 監訳 丸善
2014.4
もっと知りたい!「科学の芽」の世界 永田恭介 監修 ; 「科学の芽」賞実行委員会 編 丸善出版
筑波大学出版会
2014.7
基礎コース細胞生物学 Stephen R.BOLSOVER, Elizabeth A.SHEPHARD, Hugh A.WHITE, Jeremy S.HYAMS 著 ; 永田恭介 監訳 東京化学同人
2013.9
目的別で選べるタンパク質発現プロトコール : 発現系の選択から精製までの原理と操作 永田恭介, 奥脇暢 編 羊土社
2010.4
ヒトの生物学 : 体のしくみとホメオスタシス Daniel D.Chiras 著 ; 永田恭介 監訳 丸善
2007.12
ゲノム機能を担う核・染色体のダイナミクス : 複製、修復、組換え、転写機構からエピジェネティクス、高次生命機能・医学とのかかわりまで 花岡 文雄;永田 恭介【編】 羊土社
2002.7.25
遺伝子生物学 榎本武美 編著 ; 永田恭介, 中西義信 著 丸善
1998.7
積み木細工の生物学 : タンパク質と遺伝子の機能単位 永田恭介 ほか編著 共立
1996.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想