小沼 文彦   (1916-1998)

小沼 文彦(こぬま ふみひこ、1916年3月21日 - 1998年11月30日)は、ロシア文学者。 埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。 慶應義塾大学予科から文学部卒業。 予科時代に『罪と罰』を読んで感銘を受け、卒業後、ロシア語ができないままソ連に留学、その後政府留学生としてブルガリアのソフィア大学ロシア文学科を1943年に卒業。 敗戦後一時期ソ連に抑留される。 十年間外地にあり、帰国を共にした前夫人・菊池節子は、杉原千畝の義妹。 帰国後、金沢大学や中央大学でロシア文学を教え、『ドストエフスキー全集』をほぼ30年かけて個人で全訳した。 [著書] ドストエフスキー 日本基督教団出版局, 197...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コヌマ フミヒコ
人物別名 小沼文彦
生年 1916年
没年 1998年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ドストエフスキー, 芥川龍之介, プレヴォー 著 ; 小沼文彦, 森鴎外 訳 ポプラ社
2010.10
ドストエフスキーの言葉 フョードル・ミハイロヴィッチ・ドストエフスキー 著 ; 小沼文彦 編訳 ユナイテッド・ブックス
阪急コミュニケーションズ
2010.10
鼎談ドストエフスキー 小沼文彦, 江川卓, 清水正 [述] 日本大学芸術学部文芸学科「雑誌研究」編集室
2008.1
ドストエフスキー [著] ; 沼野充義 編 ; 小沼文彦, 工藤精一郎, 原卓也 訳 講談社
2007.11
作家の日記 ドストエフスキー 著 ; 小沼文彦 訳 筑摩書房
1998.1
作家の日記 ドストエフスキー 著 ; 小沼文彦 訳 筑摩書房
1998.2
ドストエフスキーの言葉 ドストエフスキー [著] ; 小沼文彦 訳編 弥生書房
1997.5
随想ドストエフスキー 小沼文彦 著 近代文芸社
1997.5
トルストイの言葉 トルストイ [著] ; 小沼文彦 訳編 弥生書房
1997.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想