浅井 忠   (1856-1907)

東京生まれ。洋画家。父は佐倉藩士。明治8年(1875)国沢新九郎に師事し、翌年工部美術学校に入学、フォンタネージに師事する。22年(1889)日本初の洋画団体、明治美術会を創立。31年(1898)東京美術学校教授に就任。33年(1900)フランスに2年間留学。帰国後京都高等工芸学校教授に就任し、関西美術院を創立。渡欧後は印象派の画風を取り入れ、また水彩画にも多くの佳作を残した。門下に安井曾太郎、梅原龍三郎らがいる。代表作に「春畝」「収穫」「グレーの秋」など。

「近代日本人の肖像」より

浅井 忠(あさい ちゅう、1856年7月22日(安政3年6月21日) - 1907年(明治40年)12月16日)は、明治期の洋画家。 教育者としても貢献した。 [生涯] 江戸の佐倉藩中屋敷に藩士・浅井常明の長男として生まれる。 少年時代は現在の佐倉市将門町で1863年から1872年までを過ごし佐倉藩の藩校・成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身。 父・常明は、この成徳書院の校長をしていたこともある)で四書五経などの儒教や武芸を学ぶかたわら、13歳の頃から佐倉藩の南画家・黒沼槐山に花鳥画を学び、「槐庭」(かいてい)の号を与えられ、この頃から才能の一端を現した。 1873年に上京。 はじめは...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アサイ チュウ
人物別名 浅井忠

浅井, 木魚

浅井, 黙語
生年 1856年
没年 1907年
職業・経歴等 芸術家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
草の根のアール・ヌーヴォー : 明治期の文芸雑誌と図案教育 前川志織編集 国際日本文化研究センター・プロジェクト推進室
2019.11
浅井忠の京都遺産 : 京都工芸繊維大学美術工芸コレクション : 特別展 実方葉子編 泉屋博古館
c2017
浅井忠全作品集 浅井忠 [画] ; 島田康寬, 前川公秀 監修 東京美術倶楽部
求竜堂
2016.9
杉林古香関連資料 : 浅井忠の図案 佐倉市立美術館編 佐倉市立美術館
2015.3
浅井忠と京都の弟子たち 佐倉市立美術館 編 佐倉市立美術館
2014.2
佐倉学浅井忠展 浅井忠 [画] ; 佐倉市立美術館 編 佐倉市立美術館
c2014
明治・大正時代の日本陶磁 = Japanese ceramics in Meiji-Taisho era : 産業と工芸美術 明治・大正時代の日本陶磁展実行委員会 編 明治・大正時代の日本陶磁展実行委員会
c2012
浅井忠の図案 : 工芸デザインの革新 浅井忠 著 芸艸堂
2011.6
コレクション・モダン都市文化 和田博文 監修 ゆまに書房
2010.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想