河野 広道   (1905-1963)

Wikipedia「河野広道

「青空文庫」より

河野 広道(こうの ひろみち、1905年1月17日 - 1963年7月12日)は、日本の昆虫学者、考古学者。 [経歴] 1905年1月17日、北海道史研究者の河野常吉の息子として生まれる。 北海道帝国大学農学部にて、昆虫学を学ぶ。 1930年に、農学部の助手として採用される。 1932年27歳の時に、農学博士となる。 題は「日本産象鼻虫科ノ研究(独文)」。 また、考古学などの研究も始める。 1935年に、「貝塚人骨とアイヌのイオマンテ」の論文を発表し、縄文遺跡の貝塚は、ゴミ捨て場というよりは、アイヌ儀礼の「物送り場」という解釈を論じる。 1944年、北海道帝国大学を退職する。 その後、北海道...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コウノ ヒロミチ
人物別名 河野広道
生年 1905年
没年 1963年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
斜里町史 斜里町史第三巻編纂委員会 編纂 斜里町
2004.11
アイヌのチャシとその世界 北海道チャシ学会 編 北海道出版企画センター
1994.6
河野広道ノート 宇田川洋 編 北海道出版企画センター
1984.9
河野広道博士没後二十年記念論文集 河野広道博士没後二十年記念論文集刊行会 編 北海道出版企画センター
1984.7
河野広道ノート 青柳信克 編 北海道出版企画センター
1982.8
河野広道ノート 宇田川洋 編 北海道出版企画センター
1981.4
栗沢町加茂川遺跡 : 発掘調査資料報告・研究の部・補遺の部 河野広道 等著 北海道出版企画センター
1977.4
森の昆虫記 河野広道 著 北海道出版企画センター
1977.3
森の昆虫記 河野広道 著 北海道出版企画センター
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想