近藤 芳美   (1913-2006)

近藤 芳美(こんどう よしみ、男性、1913年5月5日 - 2006年6月21日)は、日本の歌人である。 本名は近藤 芽美(読みは同じ)。 戦後の歌壇を牽引する歌人として活動し、文化功労者に選ばれた。 長年「朝日歌壇」(朝日新聞)の選者を務めたことで知られるほか、建築家としての顔も持ち、ゼネコンや大学に籍を置く。 [生涯] 1913年、父の赴任先だった朝鮮・慶尚南道の馬山で出生。 12歳で帰国し、父の郷里・広島市鉄砲町(現・広島市中区鉄砲町)で育つ。 広島二中(現・広島観音高)時代の教師に影響を受け、短歌に関心を抱いた。 旧制広島高校(現広島大学)在学中に、広島市近郊で療養中の歌人中村憲吉を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コンドウ ヨシミ
人物別名 近藤芳美
生年 1913年
没年 2006年
職業・経歴等 建築家
をも見よ 近藤, 芽美(1913-2006)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近藤芳美の音楽の歌 : 或る楽章からマタイ受難曲まで きさらぎあいこ著 本阿弥書店
2013.6
岐路以後 : 近藤芳美歌集 近藤芳美 著 砂子屋書房
2007.6
「短歌と人生」語録 : 作歌机辺私記 近藤芳美 著 砂子屋書房
2005.5
歌人の原風景 : 昭和短歌の証言 三枝昂之 編著 本阿弥書店
2005.3
岐路 : 歌集 近藤芳美 著 砂子屋書房
2004.9
近藤芳美集 近藤芳美 著 ; 岡井隆, 吉田漱, 大島史洋 編 岩波書店
2001.1
近藤芳美集 近藤芳美 著 ; 岡井隆, 吉田漱, 大島史洋 編 岩波書店
2000.4
近藤芳美集 近藤芳美 著 ; 岡井隆, 吉田漱, 大島史洋 編 岩波書店
2000.5
近藤芳美集 近藤芳美 著 ; 岡井隆, 吉田漱, 大島史洋 編 岩波書店
2000.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想