勝川 春好   (1743-1812)

勝川 春好(かつかわ しゅんこう、寛保3年〈1743年〉 - 文化9年10月28日〈1812年12月1日〉)とは、江戸時代中期の浮世絵師。 [来歴] 勝川春章の門人。 姓・清川、名・伝次郎。 勝川を称し、明和(1764年-1772年)末年から作画し始めたが、天明7-8年(1787年-1788年)頃、中風を患い右手が使えなくなったことにより、以降は左手で僅かな量の洒落本の挿絵を描き、落款に「左筆」と記している。 作品は細判の役者絵が最も多く、細判二枚続、三枚続に特色が見られる。 役者大首絵の他、相撲絵も数多く残している。 代表作には後の東洲斎写楽に影響を与えたとされる、天明8年(1788年)か...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カツカワ シュンコウ
人物別名 勝川春好

伝次郎

小壷

春翁

左筆斎春好坊
生年 1743年
没年 1812年
職業・経歴等 美術家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
滑利諭言大師めくり 画本江戸名所 続膝栗毛二編追加 絵本曽我物語 十返舎一九 著 ; 勝川春好 画 ; 中山尚夫 編十返舎一九 編画 ; 中山尚夫 編 ; 十返舎一九 作画 ; 中山尚夫 編 ; 北尾政美 画 ; 中山尚夫 編 古典文庫
2002.9
浮世絵大家集成 大鳳閣書房 編 大鳳閣書房
昭7
三芝居役者絵本 勝川春好 画 ; 稀書複製会 編 米山堂
昭和3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想