塚本 昌則   (1959-)

塚本 昌則(つかもと まさのり、1959年4月15日 - )は、日本のフランス文学者、東京大学教授。 [来歴・人物] 秋田県生まれ。 1982年東京大学文学部仏文科卒業。 92年同大学院人文科学研究科博士課程中退。 91年パリ第12大学で博士号取得。 92年東大文学部助手、94年白百合女子大学専任講師、97年東大人文社会系研究科助教授、2007年准教授。 99年『コーヒーの水』で渋沢クローデル賞ルイ・ヴィトンジャパン特別賞、日仏翻訳文学賞受賞。 2011年教授。 『カリブ海偽典』で日本翻訳文化賞受賞。 [著書] 『フランス文学講義 言葉とイメージをめぐる12章』中公新書、2012 [共編...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ツカモト マサノリ
人物別名 塚本昌則
生年 1959年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
文学との訣別 : 近代文学はいかにして死んだのか ウィリアム・マルクス著 ; 塚本昌則訳 水声社
2019.3
声と文学 塚本昌則, 鈴木雅雄 編 平凡社
2017.3
三声書簡 アンドレ・ジッド, ピエール・ルイス, ポール・ヴァレリー 著 ; 松田浩則, 山田広昭, 塚本昌則, 森本淳生 訳 水声社
2016.5
詩とイメージ マリアンヌ・シモン=及川 編 水声社
2015.6
レヴィ=ストロース カトリーヌ・クレマン 著 ; 塚本昌則 訳 白水社
2014.5
日常礼讃 ツヴェタン・トドロフ 著 ; 塚本昌則 訳 白水社
2013.5
レオナルド・ダ・ヴィンチ論 ポール・ヴァレリー 著 ; 塚本昌則 訳 筑摩書房
2013.9
写真と文学 = Photographie et littérature : 何がイメージの価値を決めるのか 塚本昌則 編 平凡社
2013.10
フランス文学講義 : 言葉とイメージをめぐる12章 塚本昌則 著 中央公論新社
2012.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想