丹波 敬三   (1854-1927)

丹波 敬三(たんば けいぞう、1854年2月25日(嘉永7年1月28日) - 1927年(昭和2年)10月19日)は、明治・大正期の薬学者。 摂津国走井村(現大阪府豊中市)出身。 蘭方医丹波元礼の三男。 丹波直次、丹波哲郎、丹波明の祖父。 先祖は丹波康頼(丹波氏)。 そして直系である丹波家がその末裔。 東京大学製薬学科(現在の薬学部)第一期の卒業生で、ドイツのエアランゲン大学に自費留学して衛生学・裁判化学を学ぶ。 1887年帰国後、改組されて東京帝国大学医科大学薬学科となった母校の教授となり、梅毒治療薬「サルバルサン」を研究し、これを国産化。 「タンバルサン」と命名し、国内で販売すると共に、薬...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タンバ ケイゾウ
人物別名 丹波敬三
生年 1854年
没年 1927年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大植物圖鑑 村越三千男編著並描畫 ; 松村任三, 丹波敬三, 本多静六 序文 梧桐書院
1941.7
衞生試驗法 丹波敬三 校閲 ; 小山哉 編纂 丹波敬三
1939.6
衞生試驗法 丹波敬三 校閲 ; 小山哉 編纂 丹波敬三
1939.6
調剤術講本 小林九一 編 ; 寺島文一郎 訂 南江堂
昭13
麥酒釀造新論 高松豊吉, 丹波敬三, 田原良純編纂 高松豊吉
1928.1
麥酒釀造新論 高松豊吉, 丹波敬三, 田原良純編纂 丸善書店
南江堂書店
1928
清酒釀造新論 高松豐吉, 丹波敬三, 田原良純編纂 丸善書店
1927
有機性藥品製造法 高松豐吉, 丹波敬三, 田原良純編纂 高松豊吉
1926.11
硫酸製造法 松井元太郎編 丸善書店
南江堂書店
1925.7-1926.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想