小泉 保   (1926-2009)

小泉 保(こいずみ たもつ、1926年2月20日 - 2009年12月18日)は、日本の言語学者、文学者。 ウラル語圏が専門。 関西外国語大学名誉教授。 静岡県出身。 [人物] 東京大学文学部卒業。 1971年静岡女子大学教授、1980年大阪外国語大学教授、1987-90年日本言語学会会長、1990年関西外国語大学国際言語学部教授、のち学部長・理事(-2004年)、2005年に関西外国語大学退職、1995-98年に日本音声学会会長。 フィンランド語を研究し、神話叙事詩『カレワラ』を完訳した。 1985年フィンランド政府よりカレワラ・メダル、リョンロート・メダル授与、2004年瑞宝中綬章受章、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コイズミ タモツ
人物別名 小泉保
生年 1926年
没年 2009年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
縄文語の発見 小泉保著 青土社
2021.5
フィンランド叙事詩 カレワラ リョンロット【編】;小泉 保【訳】 岩波書店
2016.8.17
フィンランド叙事詩 カレワラ リョンロット【編】;小泉 保【訳】 岩波書店
2016.8.17
縄文語の発見 小泉保 著 青土社
2013.6
エストニア語入門 小泉保 著 大学書林
2009.10
日英対照すべての英文構造が分かる本 小泉保 著 開拓社
2009.11
現代日本語文典 : 21世紀の文法 小泉保 著 大学書林
2008.8
カレワラ物語 : フィンランドの神々 小泉保 編訳 岩波書店
2008.11
日本語の格と文型 : 結合価理論にもとづく新提案 小泉保 著 大修館書店
2007.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想