小泉 丹   (1882-1952)

小泉 丹(こいずみ まこと、1882年11月23日 - 1952年10月21日)は、日本の動物学者。 京都府出身。 東京帝国大学理学部動物学科卒。 伝染病研究所で宮島幹之助に師事。 台湾で熱帯病を研究。 1924年新設の慶應義塾大学医学部教授、寄生虫学を担当。 マラリアやデング熱の研究、『蛔虫の研究』、進化論の解説などの業績がある。 名前は「たん」と通称される。 [著書] 『最近寄生原虫学』南山堂 1910 『人体寄生動物学』南山堂書店 1912 『遺伝』南山堂書店 1920 『寄生虫国日本』岩波書店 1929 『進化学経緯』鉄塔書院 1930 『寄生虫学提要 第1分冊 原虫篇』南山堂書店 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コイズミ マコト
人物別名 小泉丹
生年 1882年
没年 1952年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
蛔虫 赤瀬川原平選 ; 岩波書店編集部編 岩波書店
2007.9
雑種植物の研究 メンデル 著 ; 岩槻邦男, 須原凖平 訳 岩波書店
1999.1
少年少女科学名著全集 板倉聖宣 等編 国土社
昭和39
河童 小泉丹 等著 中央公論社
1955
蛔虫毒の研究 : その形態学的,生理学的,化学的研究 小泉丹 著 岩波書店
1954
動物哲学 ラマルク 著 ; 小泉丹, 山田吉彦 訳 岩波書店
1954
人体寄生虫 小泉丹 著 岩波書店
1952
手と足 : 進化の話 小泉丹著 小山書店
1951.9
蛔虫読本 小泉丹 著 中央公論社
1950
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想