大村 敦志   (1958-)

大村 敦志(おおむら あつし、1958年6月14日 - )は、日本の法学者。 東京大学大学院法学政治学研究科教授。 専門は民法。 千葉県出身。 新司法試験考査委員(民法)。 契約法、消費者法、家族法を中心に研究している。 約3年間のフランス留学の経験があり、フランス民法学への造詣も深い。 最初の概説書において、生活的視点という従来の巨視的または微視的視点と異なる機能動態のエビデンスに基づいて民法の解説を試みた。 妻はフランス語翻訳者の大村浩子であり、夫婦共同で訳書も出している。 [学歴] 1977年 - 千葉県立千葉高等学校卒業 1982年 - 東京大学 法学部卒業 [著書] 『判例・法令...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオムラ アツシ
人物別名 大村敦志
生年 1958年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
財産の帰属と変動の法 大村敦志著 有斐閣
2019.4
講座現代の契約法 内田貴, 門口正人編集代表 ; 大村敦志 [ほか] 編集委員 青林書院
2019.5-
解説民法(相続法)改正のポイント 大村敦志, 窪田充見編 ; 青竹美佳 [ほか] 著 有斐閣
2019.8
相続 潮見佳男編集 有斐閣
2019.10
基本原則と基本概念の法 大村敦志著 有斐閣
2019.11
東アジア編 : 民法研究 大村 敦志【責任編集】 信山社
2018.3.31
親族・相続 水野紀子, 大村敦志編 有斐閣
2018.3
新注釈民法 大村敦志, 道垣内弘人, 山本敬三 編集代表 有斐閣
2017.2
広がる民法 大村敦志 著 有斐閣
2017.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想