佐々木 忠次郎   (1857-1938)

佐々木 忠次郎(ささき ちゅうじろう、1857年9月27日(安政4年8月10日)- 1938年(昭和13年)5月26日)は明治・大正・昭和期の昆虫学者。 近代養蚕学・製糸学の開拓者。 [経歴] 東京大学在学中、エドワード・S・モースやチャールズ・オーティス・ホイットマンの指導を受けた。 1877年9月16日、モースの生徒として、松村任三、松浦佐用彦とともに大森貝塚の発掘調査を行った。 1879年には日本人だけによる最初の発掘調査として、後輩の飯島魁とともに陸平貝塚の調査を行っている。 1881年、東京大学理科大学生物学科第1回生として卒業。 その後、駒場農学校助教授、教授を経て、東京帝国大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ササキ チュウジロウ
人物別名 佐々木忠次郎

佐々木, 忠二郎
生年 1857年
没年 1938年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大森貝塚の由来 佐々木忠次郎著 大森貝塚保存会
1966.11
佐々木忠次郎博士 佐々木忠次郎先生伝記編纂会編纂 佐々木忠次郎先生伝記編纂会
1940.5
日本の根付 佐々木忠次郎 著 光融館
昭11
日本の根付 佐々木忠次郎著 光融館書店
1936.1
佐々木長淳略歴 佐々木忠次郎著 者不明
1934.10
東京農業大学講義 澤田五郎編 東京農業大学出版部
1928
花卉害虫篇 佐々木忠次郎 著 大倉書店
大正12
果樹害虫篇 佐々木忠次郎 著 大倉書店
大正10
東京帝国大学農学部桑樹見本園目録 : 附・桑園図版 佐々木忠次郎 編 東京帝国大学農学部
大正8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想