守屋 東   (1884-1975)

守屋東(もりやあずま、1884年7月7日 - 1975年12月18日)は、日本の教育者、女性活動家で、社会事業家でもある。 東京都出身。 父は守屋一、母は守屋和佐。 父は、旧福岡藩藩士で、長崎に遊学し医学を修めた。 西南戦争の後、衛戍病院に勤務した。 1893年(明治26年)、東が8歳の時に死去。 以後、2人の妹と共に母に育てられる。 1900年(明治33年)東京府立高等女学校(現在の東京都立白鴎高等学校)を卒業。 小説家の田村俊子と同期になる。 その後、仏英和女学校でフランス語を東京音楽学校でバイオリンを習うが家庭の経済困窮から中退。 [代用教員] 1904年(明治37年)、上野下谷に新設...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリヤ アズマ
人物別名 守屋東

守屋, 一桜
生年 1884年
没年 1975年
職業・経歴等 理事長

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本基督教婦人矯風会五十年史 守屋東 編 日本基督教婦人矯風会
昭11
矢島楫子 守屋東 著 婦人新報社
大正12
国民禁酒の研究 守屋東 編 婦人新報社
大正12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想