北村 行伸   (1956-)

北村 行伸(きたむら ゆきのぶ、1956年7月13日 - )は日本の経済学者。 一橋大学経済研究所教授。 専門は応用計量経済学、ミクロ計量経済学、金融・財政論、公共経済学。 京都府出身。 [略歴] 1981年3月 - 慶應義塾大学経済学部 卒業 1982年5月 - ペンシルベニア大学大学院修士課程 修了 1988年11月 - オックスフォード大学大学院博士課程 修了、Ph.D. 1988年12月 - 経済協力開発機構(OECD)エコノミスト 1991年9月 - 日本銀行金融研究所研究員 1996年4月 - 慶應義塾大学商学部客員助教授 1999年4月 - 一橋大学経済研究所助教授 2002年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタムラ ユキノブ
人物別名 北村行伸
生年 1956年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
パネルデータ分析 北村行伸著 岩波書店
2016.4
応用ミクロ計量経済学 北村行伸 編著 日本評論社
2014.3
税制改革のミクロ実証分析 : 家計経済からみた所得税・消費税 北村行伸, 宮崎毅 著 岩波書店
2013.2
日本の家計行動のダイナミズム 瀬古 美喜;照山 博司;山本 勲;樋口 美雄;慶應‐京大連携グローバルCOE【編】 慶應義塾大学出版会
2012.6
金融業と人口オーナス経済 : 高齢化社会における金融・経済のあり方 翁邦雄, 北村行伸 編著 日本評論社
2011.5
応用ミクロ計量経済学 北村行伸 編著 日本評論社
2010.2
ミクロ計量経済学入門 北村行伸 著 日本評論社
2009.2
経済政策を売り歩く人々 : エコノミストのセンスとナンセンス ポール・クルーグマン 著 ; 伊藤隆敏 監訳 ; 北村行伸, 妹尾美起 訳 筑摩書房
2009.3
自己組織化の経済学 : 経済秩序はいかに創発するか ポール・クルーグマン 著 ; 北村行伸, 妹尾美起 訳 筑摩書房
2009.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想