児玉 作左衛門   (1895-1970)

児玉 作左衛門(こだま さくざえもん、1895年(明治28年)12月3日 - 1970年(昭和45年)12月26日)は、秋田県鹿角郡生まれの解剖学者、人類学者。 北海道大学名誉教授。 アイヌ研究で知られる。 [経歴] 1895年、秋田県鹿角郡柴平村(現鹿角市)に生まれる。 1900年、父が眼科医院開業のため一家で函館市内に移住。 函館中学校、第二高等学校を経て東北帝国大学医学部に進学。 解剖学を専攻し、スイス留学後の1928年に「中枢神経の解剖学的研究」で博士学位を取得。 翌年、北海道帝国大学医学部解剖学第二教室教授に任じられる。 在任中には脳医学研究の傍らアイヌ民族の人類学的研究に関心を持...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コダマ サクザエモン
人物別名 児玉作左衛門
生年 1895年
没年 1970年
職業・経歴等 医師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の人類学文献選集 山口敏 編・解説 クレス
2005.10
明治前日本人類学・先史学史 : アイヌ民族史の研究(黎明期) 児玉作左衛門 著 ; 明治前日本科学史刊行会 編 丸善
日本学術振興会
1971
アイヌ服飾の調査 児玉作左衛門著 北海道教育委員会
[1968.3]
江戸時代初期のアイヌ服飾の研究 児玉 作左衛門 者不明
[1965.12]
サイベ沢遺跡 : 函館郊外桔梗村サイベ沢遺跡発掘報告書 函館市教育委員会編 函館博物館
1958
アイヌ文化特集 - 奉仕会
1956.7
禮文島船泊砂丘遺跡の發掘に就て 兒玉作左衞門, 大場利夫 [著] 北海道大学
1952.3
北海道先史学十二講 米村喜男衛 編 北方書院
1949
人体解剖図譜 西成甫, 児玉作左衛門, 小川鼎三 編 日本医書
1948 2版
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想