朝吹 登水子   (1917-2005)

朝吹 登水子(あさぶき とみこ、1917年2月27日 - 2005年9月2日)は、日本のフランス文学者、随筆家。 [経歴] 実業家・朝吹常吉の長女として東京府(現・東京都)に生まれる。 父方の祖父は三井系企業で活動した実業家・朝吹英二で、母方の祖父は長岡外史。 長兄・朝吹英一は木琴の研究家、三兄・朝吹三吉もフランス文学者。 2回結婚しており、2度目の夫は香水で有名なコティ社の研究所長・取締役を務めた調香師アルベール・アルゴーで、最初の夫との間の娘は翻訳家の朝吹由紀子。 由紀子の夫は慶應義塾大学名誉教授で仏文学者の牛場暁夫、由紀子夫妻の息子(登水子の孫)は慶應義塾大学理工学部生命情報学科准教授...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アサブキ トミコ
人物別名 朝吹登水子

朝吹, 登水
生年 1917年
没年 2005年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
悲しみよこんにちは サガン 著 ; 河野万里子 訳 新潮社
2009.1
世界文学全集 池澤夏樹 個人編集 河出書房新社
2008.3
尼谷良画集 創藝社, 松田義雄編 ; 朝吹登水子仏和翻訳 創芸社
2005
豊かに生きる 朝吹登水子 著 世界文化社
2002.11
女ざかり シモーヌ・ド・ボーヴォワール 著 ; 朝吹登水子, 二宮フサ 訳 日本障害者リハビリテーション協会
1999.11
女ざかり シモーヌ・ド・ボーヴォワール 著 ; 朝吹登水子, 二宮フサ 訳 日本障害者リハビリテーション協会
1999.11
私の東京物語 : 蘇る日々-わが家のアルバムから 朝吹登水子 著 文化出版局
1998.10
サルトル、ボーヴォワールとの28日間-日本 朝吹登水子 著 同朋舎
1995.6
世界の文学セレクション36 コレット;ボーヴォワール【著】;片山 正樹;朝吹 登水子【訳】 中央公論社
1994.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想