小林 禎作   (1925-1987)

小林 禎作(こばやし ていさく、1925年10月22日 - 1987年3月8日)は、日本の物理学者、雪学者。 鎌倉市生まれ。 旧制浦和高等学校卒。 1948年、北海道帝国大学理学部卒業。 北海道江別高等学校教諭。 1949年8月、北海道大学低温科学研究所助手、1963年に助教授、1980年に教授、物理学部門主任。 雪の結晶についての実験研究に取り組み、中谷宇吉郎が示した雪の結晶の形状と雲の温度・湿度に関する「中谷ダイアグラム」を拡張、精緻化した「中谷--小林ダイアグラム」を開発し、1960年に日本気象学会賞を受賞した。 [著書] 『雪の結晶 自然の芸術をさぐる』講談社ブルーバックス 1970...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバヤシ テイサク
人物別名 小林禎作
生年 1925年
没年 1987年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
雪の結晶はなぜ六角形なのか 小林禎作 著 筑摩書房
2013.1
雪はなぜ六角か 小林禎作 著 筑摩書房
1984.11
雪の結晶-冬のエフェメラル 小林禎作 著 北海道大学図書刊行会
1983.1
図説気象学 根本順吉 ほか著 朝倉書店
1982.7
雪華図説新考 土井利位 [著]. 雪華図説新考 / 小林禎作 著 築地書館
1982.1
六花の美 : 雪の結晶成長とその形 小林禎作 著 サイエンス社
1980.7
北海道の自然 小林禎作著 北海道新聞社
1977.10
雪に魅せられた人びと 小林禎作 著 築地書館
1975
雪の結晶 : 自然の芸術をさぐる 小林禎作 著 講談社
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
小林 禎作
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想