小林 多喜二   (1903-1933)

秋田県の農家に生まれ、北海道小樽で育つ。「1928年3月15日」「蟹工船」などの作品により、日本のプロレタリア文学運動を代表する作家となった。1933年、地下活動中に逮捕され、東京・築地署で拷問により殺された。Wikipedia「小林多喜二

「青空文庫」より

小林 多喜二(こばやし たきじ、1903年(明治36年)12月1日 - 1933年(昭和8年)2月20日)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家である。 [生涯] 秋田県北秋田郡下川沿村(現大館市)に、小作農家の次男として生まれる。 当時北海道・小樽で苦難の末に事業に成功した伯父が自分の失敗によって傾いた実家の始末を負わせていた弟夫婦(多喜二の両親)への恩返しとして「小樽の学校に通わせたい」と言う提案により長男を移住させていたが間もなく病死。 4歳の時に伯父の計らいによって一家全員で小樽・若竹町の伯父の別宅に移住する。 生活は豊かではなかったが、伯父の工場に住み込みで働く代わりに学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバヤシ タキジ
人物別名 小林多喜二

こばやし, たきじ

Kobajaši, Takidži
生年 1903年
没年 1933年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
セメント樽の中の手紙ほか 葉山嘉樹 ほか 著 筑摩書房
2017.3
蟹工船 小林多喜二 著 海王社
2015.6
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2014.4
蟹工船 小林多喜二 作 ; 渡邉文幸 現代語訳 理論社
2014.10
アンソロジー・プロレタリア文学 楜沢健 編 森話社
2013.9
小林多喜二草稿ノート・直筆原稿 小林多喜二 著 ; 小林多喜二直筆資料デジタル版刊行委員会 編 雄松堂書店
2011.2
小林多喜二, 十和田操, 宮本百合子 著 ポプラ社
2011.6
蟹工船 : 小樽・函館 小林多喜二 著 JTBパブリッシング
2010.1
防雪林 不在地主 小林多喜二 作小林多喜二 作 岩波書店
2010.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想