小林 進   (1901-)

小林 進(こばやし すすむ、1901年 - 没年不詳)は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。 コーチ。 1929年、1930年全日本フィギュアスケート選手権3位。 [経歴] 1929年、第1回全日本選手権で3位に入る。 1930年、第2回全日本選手権で老松一吉、帯谷竜一に続いて2年連続で3位となる。 引退後は指導者となり、1932年のレークプラシッドオリンピックではスケート競技の役員に就任。 1950年、東京都港区に開業した日活スポーツセンターアイススケート場の専任コーチに就任。 また施設内にスケート用品店である「小林スケート」をオープンした。 1964年には稲田悦子、片山敏一ら...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コバヤシ ススム
人物別名 小林進
生年 1901年
没年 -
職業・経歴等 男子シングルスケーティング選手

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
スケート入門 : 早く上達する秘訣 小林進 著 虹有社
1965
スケーティング 小林進 著 虹有社
1962
スケーティング 小林進 著 虹有社
1955
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想