有吉 佐和子   (1931-1984)

有吉 佐和子(ありよし さわこ、1931年(昭和6年)1月20日 - 1984年(昭和59年)8月30日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。 和歌山県和歌山市出身。 日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで広いテーマをカバーし、読者を惹きこむ多くのベストセラー小説を発表した。 カトリック教徒で、洗礼名はマリア=マグダレーナ。 代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『恍惚の人』など。 娘はエッセイストの有吉玉青。 [経歴] 長州藩士有吉熊次郎は曽祖父にあたる。 横浜正金銀行勤務の父の赴任に伴い、小学校時代を旧オランダ領東インドのバタヴィアおよびスラバヤで過ごす。 1941年に帰国後、東京市立...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アリヨシ サワコ
人物別名 有吉佐和子

Ariyoshi, Sawako

Sawako Ariyoshi
生年 1931年
没年 1984年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
一の糸 有吉佐和子著 河出書房新社
2022.5
閉店時間 有吉佐和子著 河出書房新社
2022.6
非色 有吉佐和子著 河出書房新社
2020.11
「新編」日本女性文学全集 竹内栄美子編集 六花
2019.6
耳瓔珞 安野モヨコ 選・画 ; 芥川龍之介, 有吉佐和子, 円地文子, 岡本かの子, 織田作之助, 川端康成, 白洲正子 著 中央公論新社
2017.4
日中の120年文芸・評論作品選 張競, 村田雄二郎 編 岩波書店
2016.7
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2015.1
処女連禱 有吉佐和子 著 集英社
2014.2
更紗夫人 有吉佐和子 著 集英社
2014.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想